背筋上部と胸と肩

                                    

 

(1)前から見た図

構え

(1)

  • 姿勢良く、立って行います。
  • チューブの中程を図1のように持ちます。肩幅よりやや広めに、チューブが弛まないように持ちましょう。(余ったチューブは、手に巻きつけるようにすると邪魔になりません)
  • ヒジを伸ばし、両腕を肩の高さまで挙げて構えます。
  • 手の平を内側に向けるようにしましょう。

(2)前から見た図

tu2.gif

(2)

  • ヒジをなるべく曲げないように、また、腕が挙がったり下がったりしないように気をつけながら、チューブを引っ張りつつ腕を開いて行きます。
  • 両腕を身体の横まで開いたら、ゆっくり元に戻ります。
  • これを繰り返します。

(3)上から見た図

背筋上部

(ポイント)

  • 身体の中心線を意識して、身体の左側、右側に均等に負荷をかけるようにしましょう。
  • 数をこなすよりも、1回1回正確におこなった方が効果的です。
  • 基本的には手の平を内に向けてチューブを持ちますが、色々な持ち方も試してみましょう。

(4)前から見た持ち方

背筋上部

                   

Home > tube > 背筋上部と胸と肩

サイト内検索
Feeds
                     

このページのTOPへ