(1)斜め前から見た図

構え

(1)

  • チューブの両端側を両足で踏みます。そしてチューブの真中を両手で持ちます。(両手の間は少し空けてください)
  • 腰、背中を伸ばし、姿勢良く立ちましょう。
  • 両脇を締め、ヒジを固定します。
  • チューブはある程度伸ばした状態からスタートします。

(2)斜め前から見た図

tu25.gif

(2)

  • ヒジから先の部分だけ動かす意識で、上腕の力でチューブを引っ張り挙げます。
  • ゆっくり元に戻していきます。
  • これを繰り返します。
  • チューブの持ち方を変えて、同じ要領でおこなってください。

持ち方

持ち方

(ポイント)

  • 背すじを伸ばして、姿勢良くおこなってください。
  • 左右の負荷が同じになるように、チューブの張力を左右同じにしましょう。
  • チューブの持ち方を変えると、効く場所が変化します。両方おこないましょう。

( 注意点 )

  • 強い負荷をかける時には、特に戻す時にゆっくり慎重におこないましょう。