バランスボールのダイエット効果

                                    

当サイトでおすすめしているバランスボールはダイエットに最適なグッズです。
以下、バランスボールのダイエット効果について書きました。

-----------------------------------------------------------------

1、ダイエットとは脂肪を減らすことである。
2、筋肉を増やすと脂肪燃焼力を高められる。
3、体幹の大きな筋肉を増やすと効率が良い。
4、バランスボールは大きな筋肉を鍛えるのに最適。
5、バランスボールによってトレーニングバリエーションが増やせる
6、バリエーションが増え、簡単になることでトレーニングを続けられる。
7、筋力トレーニングが続くことによって、理想的なダイエットが達成出来る。

------------------------------------------------------------------

先ず、ダイエットとは体重を減らすことではありません。
脂肪を減らし、引き締まった身体にすることです。

筋肉は、身体の中でもカロリー消費量が多い部位であり、トレーニングによって増強することが出来ます。
筋肉量を増やすメリットとして、基礎代謝量の増加が挙げられます。
基礎代謝とは、体温の維持や呼吸など、生命維持のためにカロリーを消費することです。
基礎代謝によって1日に消費されるエネルギーは、通常のジョギングやウォーキングによるものより多いのです。
筋肉を増強すると、この基礎代謝量を増やすことが出来ます。

基礎代謝量を増やすのに効果的なのは「大きな筋肉を鍛える」ことです。
大きな筋肉とは、腹筋、背筋、お尻の筋肉、太ももなどで、体幹部に集中しています。

バランスボールはこれら大きな筋肉を鍛えるのに最適なトレーニンググッズなのです。
不安定なボール上でのエクササイズにより、体幹部のあらゆる筋肉に効果的に働きかけます。
また、その丸い形状は、他のグッズでは不可能な動作を可能にするため、トレーニングバリエーションを劇的に増やすことが出来ます。

腹筋運動を例に挙げると、
ボールに座り、ボールを転がすようにしながら腰を前方にズラす・・・
これだけで腹筋に力が入ります。
慣れてくれば、上体を後方に倒す割合を増やせば良いですし、
腰を動かさず、上体を後方に倒す方法も可能です。
また、転がりを利用することで「ひねり」の動きが行いやすいので、斜めや横の腹筋も簡単に鍛えることが出来ます。
上体を後方に倒し、片脚を床から離し、その状態を維持するような腹筋。
ボールに座り、両手で上からボールを押すだけの腹筋。
うつぶせで床に両手をつき、両足でボールをひきつける腹筋などなど、
バランスボールを用いた腹筋運動は実にバリエーションに富んでいます。

腹筋運動だけではありません。
背筋を鍛える際にも、お尻の筋肉を鍛える際にも、太ももを鍛える時にも、同じように、バリエーションを格段に増やすことが出来ます。
当サイトではそれらの筋肉を鍛えるトレーニング法をイラスト付きで解説していますので、ぜひご参照ください。

バランスボールを用いる利点は、トレーニングバリエーションを増やすだけではありません。
トレーニングを行いやすくする効果があります。
再度腹筋運動を例にすると、ボールに座り、ボールを転がすようにしながら腰を前方にズラす・・・
この方法は実に簡単で、腰を痛めるリスクも減らせます。
女性や年配の方、また筋トレ初心者の方達にとっては、腹筋運動一つとっても、続けて行うのは容易ではありません。
しかし、バランスボールを使うことで、腹筋運動をとても簡単に行うことが出来るのです。

トレーニングを続けるためには、「楽しい」「飽きない」といった要素が不可欠です。
筋力トレーニングが行いやすくなり、バリエーションを格段に増やせるバランスボールは、この要素を満たすのに十分な役割を果たします。

筋力トレーニングを継続することで、筋肉質の身体になり、基礎代謝量が増え、脂肪燃焼力が上がり、脂肪の付きにくい引き締まった身体になれる・・・つまり理想的なダイエットが達成されるのです。


                   

Home > バランスボールのダイエット効果

サイト内検索
Feeds
                     

このページのTOPへ