Home > ジョギング,自転車, 有酸素運動, 夏本番に向けたダイエット

ジョギング,自転車, 有酸素運動, 夏本番に向けたダイエット

  • Posted by: 宅とれ
  • 2011年7月 3日 14:26

7月に入りました。
プール。海水浴。薄着。
身体のラインが気になる夏本番目前のこの時期。
ダイエットを頑張って、少しでも理想のボディになりたいと考えますよね。

短期間でダイエット効果をあげたい時、
私は、有酸素運動を多めに採り入れるようにしています。
通常1週間に3日ほど筋トレを行っていますが、
そこにジョギングやサイクリングなどを織り交ぜています。

一番効果的なのは、筋トレを行った直後に有酸素運動を行う方法。
例えば筋トレ(40分)→ジョギング1時間。

時間や体力に余裕が無い場合は、
筋トレ(20分)→ジョギング30分。
など、時間を短縮します。

あるいは、筋トレと有酸素運動を別の日に行うこともあります。
1日目→筋トレ。2日目→ジョギング。3日目→休息。

もっと余裕の無い時は、筋トレをせず、ジョギングだけを行うこともあります。
夏以外の季節であれば筋トレ優先ですが、この時期は特別ですね。

トレーニング時間は日中の暑い時を避け、夜間におこなうことが多いです。
場所にもよりますが、ジョギング人口がとても多い現在では、夜間でも複数のランナーさん達を見かけます。それでも、特に女性は明るい人目のあるルートを選ぶ必要がありますし、明るい色の服を着るなどの安全対策は必要ですね。
熱中症対策として、ジョギングの前後に十分に水分を摂るのも大切です。

暑い時期の宅とれは不快感があるのですが、屋外なら思いっきり汗をかけます。
帰宅後にシャワーを浴びればスッキリ爽快です。

また、トレーニング以外でも自動車の使用を出来るだけ控えて、可能な限り自転車を利用したり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を上り下りするなど、身体を動かすことを意識します。
自転車のカロリー消費はジョギングより低いですが、長時間、一定以上の強度を保てれば効果はあると感じます。

それから、短期的なダイエット効果を狙うのなら、当然食事のコントロールは必須です。
と言っても、極端に量を減らすのは禁物。
筋肉を維持し、脂肪を燃焼させるには、一定量のカロリー摂取は必須です。
腹八分目を守り、炭水化物、タンパク質、各種ビタミンなど、あらゆる栄養素をまんべんなく摂れる、バランスの良い食事を心がけましょう。


                   

Home > ジョギング,自転車, 有酸素運動, 夏本番に向けたダイエット

サイト内検索
Feeds

このページのTOPへ